歯科矯正は生活スタイルを改善できる

歯の矯正っていつからやればいいの?

迷う歯科矯正治療

歯は生まれてからすでに乳歯が生えてくる準備がされてます。赤ちゃんの時、歯固めを使った事がないでしょうか。赤ちゃん時期におしゃぶりを使う人がいます。おしゃぶりは1歳位までは無理にやめる必要はありません。寝かしつけ・ぐずった時に与える親が多くいますが2歳位までには終わらせないと開咬になり、噛み合わせが悪くなります。おしゃぶりに依存しすぎると発達上・発語が遅れてきます。噛めるようになってきたら噛んで食べるようにします。良く噛まず飲み込んでいると顎の発達もしっかりできなくなり乳歯が生えそろった頃に歯並びが悪くなりがちです。小さな子供は歯科医院を怖がりがちなので歯科矯正を始めたくても時期を逃してしまう事があります。成長と共に忙しくなってくると歯科矯正できず大人になってしまう事も多々あります。
歯科矯正を始める前に虫歯・歯周病などを治療してからにします。歯科矯正治療中、虫歯になったら部分的に矯正器具を外して治療します。矯正器具を装着するので歯磨きしづらくなります。磨き残しがないように丁寧な歯磨きが必要です。
歯科矯正を始めるなら早い時期から始めるとまだ骨格が柔らかいので治療の負担が少なく進められます。乳歯時期に歯科矯正すると永久歯が正しい位置で生えてきて噛み合わせが良くなります。
早い時期から始めるのが望ましいですが、大人になってからも歯科矯正はできます。子供の時より骨格が硬くなり時間が掛かりますが歯科医院と相談して治療ができます。色んなタイプの矯正器具があるので仕事・費用などからも選択できます。

おすすめリンク

▲ PageTop